コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

妙冲尼 みょうちゅうに

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

妙冲尼 みょうちゅうに

?-? 平安時代前期,橘逸勢(たちばなの-はやなり)(?-842)の娘。
承和(じょうわ)の変により,伊豆(いず)へ流罪となった父につきしたがう。途中,遠江(とおとうみ)(静岡県)で父が没すると,埋葬地に庵(いおり)をむすんで尼となる。嘉祥(かしょう)3年(850)帰葬をゆるされ,遺骨をだいて京都にかえった。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

妙冲尼の関連キーワード橘逸勢女たちばな橘逸勢承和