妙蓮(読み)みょうれん

朝日日本歴史人物事典の解説

妙蓮

生年:生没年不詳
鎌倉中期の女性,薩摩国(鹿児島県)入来院塔原郷の地頭渋谷定仏の後妻。建治年間(1275~78)に,子重通と組んで,定仏の遺領を先妻の子重員と争った。亡夫代官を率いて美作(岡山県)まで出動,六波羅よりの使者と激しく対決した。

(鈴木国弘)

妙蓮

生年:生没年不詳
鎌倉中期の武家の女性。肥前国(佐賀県,長崎県)の御家人佐志の妻。房は太宰府の遊君阿経も妻としており,妙は実子勇のほかに阿経の子留を養子としていた。になって相論が生じるが,妙蓮の孫に当たる女子源氏に佐志村の地頭職が承認されたのは,妙蓮が房の正妻であったことによるところが大きいと考えられる。

(田端泰子)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

妙蓮の関連情報