コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

妙麟尼(読み)みょうりんに

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

妙麟尼 みょうりんに

?-? 織豊時代の女性。
豊後(ぶんご)(大分県)鶴崎城主吉岡鑑興(あきおき)の妻。夫は大友宗麟家臣天正(てんしょう)6年(1578)夫の戦死後,落飾。14年島津軍の攻撃に対し,籠城して総指揮をとる。いったんは降伏したが,豊臣秀吉出兵をきいて退却する島津軍を伏兵をおいて攻撃し,多数の兵を討ちとった。妙林尼ともかく。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

妙麟尼

生年:生没年不詳
戦国・安土桃山時代武家の女性。妙林尼とも。夫吉岡鑑興は豊後(大分県)大友氏の家臣。父は林左京亮。天正6(1578)年の島津軍との戦いで夫が戦死,剃髪する。同14年に島津軍に攻められた際には,邸を砦とし自ら武装して防戦,追撃したと『豊薩軍記』に伝えられる。

(真下道子)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android