妻子・女子(読み)めこ

精選版 日本国語大辞典の解説

め‐こ【妻子・女子】

〘名〙
[一] (妻子)
① 妻と子。さいし。
※書紀(720)神代下(寛文版訓)「故(かれ)天稚彦の親(ちちはは)(うからやから)妻子(メコ)(みな)(をも)はく」
② (「こ」は接尾語) 妻。
※宇津保(970‐999頃)嵯峨院「天の下には我がめこにすべき人なし」
[二] (女子)
① 女と子ども。おんなこども。
※甲陽軍鑑(17C初)品三「何の働も成まじきとて、女子(メコ)をつれてにぐるを本にせよといふて」
② 女の子ども。
※栄花(1028‐92頃)つぼみ花「すべてこの頃のことには、さべき人のめこ皆宮仕に出ではてぬ」
③ 女性。女子(じょし)
※落語・浮世話(1893)〈三代目三遊亭円遊〉「女子(メコ)も若子(じゃくし)も出る。女子(メコ)は女、若子は若い子と書くから本来老若男女と云って貰い度い」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アースデイ

地球のことを考えて行動する日。1970年、アメリカのG・ネルソン上院議員によって提唱された。毎年4月22日がその日とされており、世界中で環境イベントが開催されている。 アースデイが誕生したきっかけは、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android