姫糊(読み)ヒメノリ

大辞林 第三版の解説

ひめのり【姫糊】

やわらかくたいた飯に水を加えて、すりつぶして作った糊。洗い張りに用いる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ひめ‐のり【姫糊】

[1] 〘名〙 飯をやわらかく煮て、水を加えひきつぶして作った。洗い張りのときなどに用いる。
狂言記・絹粥(1660)「紺屋に使ふは、賤がひめのりにてある」
[2] (「絹糊」とも) 狂言。鷺(さぎ)流。和泉流の野村又三郎家番外曲。大名が元日に着る小袖上下(かみしも)のことを太郎冠者に尋ねると、紺屋に足りないものがあって、上下はまだできないという。何が足りないのかと問うと、大名がいつも読む本にある人の名だというので、「平家物語」の一の谷の合戦の部分を語って聞かせると、その「ただのり」だという。そこで大名は太郎冠者が姫糊(ひめのり)と薩摩守忠度(ただのり)とを取り違えていたことを知ってしかる。「狂言記」にも見られる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

台風一過

台風が通り過ぎたあと、空が晴れ渡りよい天気になること。転じて、騒動が収まり、晴れ晴れとすること。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android