コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紺屋 こうや

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

紺屋
こうや

染物屋のことで,こんや,そめやなどともいう。もとは紅師 (紅染め) ,紫師 (紫染め) などと合せて染師,そめやなどと呼ばれていたが,染めがその大半を占めていたので,染物職人を総称して紺屋というようになった。染物の技術は中国から移入されて古代から発達していたが,中世になると織物業の発達に伴っていよいよ盛んになり,染物師の座 (一種の同業組合) も生れた。近世に入るとそれがさらに一般に普及し,農村にも渡り歩きの紺屋が訪れるようになり,需要が大きくなるにつれて村々に定住する者も現れた。しかし近代工業の発達に伴って衰退し,現在では特殊な業者が一部に残存するにすぎない。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

こう‐や【紺屋】

《「こんや」の音変化》染め物を業とする者。また、その家。もと、藍で布を紺色に染める者をさした。染色を行う家は、古くは、紺屋・紅屋・茶屋のように、得意とする専門の染め色で独立していた。こんかき。こうかき。

こん‐や【紺屋】

こうや(紺屋)」に同じ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

紺屋【こうや】

〈こんや〉とも。もと紺掻(こんかき)すなわち紺染職人をさした。江戸期には染物の色によって職人が分化し,紫染の紫師,紅(くれない)染の紅師,茶染師,紺掻等があり京都を中心とした。
→関連項目アイ(藍)宮津虎落笛

紺屋【こんや】

紺屋(こうや)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

紺屋の関連キーワード静岡駅前地下街ガス爆発事故奈良県大和郡山市紺屋町静岡県静岡市清水区由比大畑家の武者絵のぼり岡山県高梁市鍛冶町岩手県盛岡市紺屋町愛知県半田市堀崎町藍染め屋・藍染屋染め物屋・染物屋高尾(紺屋高尾)紺屋染め・紺屋染紺掻き・紺搔き紺屋(こんや)高松市美術館染め師・染師紺屋の明後日かめのぞきお房徳兵衛紺屋の白袴屋職堅丸

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

紺屋の関連情報