コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

威力業務妨害 いりょくぎょうむぼうがい

知恵蔵miniの解説

威力業務妨害

威力を用いて人の業務を妨害すること。この場合の「威力」とは、直接的、有形的な方法であり、具体的な暴力その他よりも軽微と言える文書インターネットなどによる犯罪予告も含まれる。また「業務」の範囲については、権力的公務は業務に含まれないとするのが一般的。刑法第234条が禁じており、違反した場合、3年以下の懲役または50万円以下の罰金に処せられる。公訴時効期間は3年。

(2013-5-14)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

大辞林 第三版の解説

いりょくぎょうむぼうがい【威力業務妨害】

他人の自由意思を制圧するに足りる勢力を用いてその人の遂行すべき業務を妨げること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

威力業務妨害の関連キーワード京都朝鮮第一初級学校前のヘイトスピーチ問題組織的犯罪処罰・犯罪収益規制法高知パルプ生コン事件八幡西殺人放火事件威力業務妨害罪偽計業務妨害罪業務上横領罪黒子のバスケ遠隔操作事件業務妨害罪山崎 圭次職場占拠吹田事件争議権勢力他人

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

威力業務妨害の関連情報