婚姻飛行(読み)コンインヒコウ

精選版 日本国語大辞典の解説

こんいん‐ひこう ‥ヒカウ【婚姻飛行】

〘名〙 ミツバチアリなどが生殖期に交尾のために行なう飛行。ミツバチでは女王バチと多くの雄バチのなかの一匹、アリでは雌雄がいりまじって空中交尾をする。結婚飛行。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の婚姻飛行の言及

【羽アリ(羽蟻)】より

…アリの雌雄で,2対の膜質の翅を備え,生殖を行う個体を羽アリという。一般に昆虫が交尾のため空中に飛び立つことを婚姻飛行(結婚飛行)といい,日本産のアリ類では4月下旬から9月上旬の間に行われるものが多いが,その時期や時刻は種類によって異なる。大量に羽アリが発生するケアリ類などは灯火に群がり,交通機関の運転,商店の営業などに支障を生じ,工場で製品に混入することもある。…

※「婚姻飛行」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android