コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

嫌気性生物 けんきせいせいぶつanaerobe

翻訳|anaerobe

1件 の用語解説(嫌気性生物の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

嫌気性生物
けんきせいせいぶつ
anaerobe

生存のために酸素を必要としない生物。微生物,特に細菌類にその例をみる。たとえばクロストリジウム属 (破傷風菌ボツリヌス菌など) や,メタン細菌などがある。酸素によって成育が完全に押えられる偏性 (強制) 嫌気性から,酸素があってもなくても,代謝の切替えによって成育できる通性嫌気性まで,程度はいろいろである。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の嫌気性生物の言及

【代謝】より

…われわれ人間の体内でも,心臓や肺のように酸素の供給が活発な器官と,筋肉のようにむしろ嫌気条件に近い部位とでは,代謝の方式も大きく変わってくる。従属栄養生物の中には,酸素を積極的に利用する好気性生物と,酸素があっては生育できない嫌気性生物がある。これらに加えて,好気・嫌気両方の環境で生育できる通性嫌気性生物facultative organismも存在している。…

※「嫌気性生物」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone