コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

嫌気性生物 けんきせいせいぶつ anaerobe

翻訳|anaerobe

1件 の用語解説(嫌気性生物の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

嫌気性生物
けんきせいせいぶつ
anaerobe

生存のために酸素を必要としない生物。微生物,特に細菌類にその例をみる。たとえばクロストリジウム属 (破傷風菌ボツリヌス菌など) や,メタン細菌などがある。酸素によって成育が完全に押えられる偏性 (強制) 嫌気性から,酸素があってもなくても,代謝の切替えによって成育できる通性嫌気性まで,程度はいろいろである。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の嫌気性生物の言及

【代謝】より

…われわれ人間の体内でも,心臓や肺のように酸素の供給が活発な器官と,筋肉のようにむしろ嫌気条件に近い部位とでは,代謝の方式も大きく変わってくる。従属栄養生物の中には,酸素を積極的に利用する好気性生物と,酸素があっては生育できない嫌気性生物がある。これらに加えて,好気・嫌気両方の環境で生育できる通性嫌気性生物facultative organismも存在している。…

※「嫌気性生物」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

嫌気性生物の関連キーワード曝気細胞呼吸嫌気代謝好気呼吸好気代謝生物学的酸素要求量好塩性微生物好気生物耐塩性微生物微生物毒

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone