生存(読み)せいぞん

精選版 日本国語大辞典「生存」の解説

せい‐ぞん【生存】

〘名〙 (「せいそん」とも) この世に生きて存在すること。生命を持続すること。生きながらえること。生き残ること。
※古活字本毛抄(17C前)一九「今生存の時の如くに多士が行なうぞ」
※新粧之佳人(1886)〈須藤南翠〉一八「妾(わたく)しの心には今以て良人は生存(セイソン)して居て」 〔説苑‐尊賢〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「生存」の解説

【生存】せいぞん

生きる。・曹植〔篌引〕詩 生存しては屋に處(を)り 零(死)しては山丘に歸す 先民、誰(たれ)か死せざらん 知命、復(ま)た何をか憂へん

字通「生」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android