生存(読み)せいぞん

精選版 日本国語大辞典 「生存」の意味・読み・例文・類語

せい‐ぞん【生存】

〘名〙 (「せいそん」とも) この世に生きて存在すること。生命を持続すること。生きながらえること。生き残ること。
※古活字本毛詩抄(17C前)一九「今生存の時の如くに多士が行なうぞ」
※新粧之佳人(1886)〈須藤南翠一八「妾(わたく)しの心には今以て良人は生存(セイソン)して居て」 〔説苑尊賢

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「生存」の意味・読み・例文・類語

せい‐ぞん【生存】

[名](スル)《「せいそん」とも》生きてこの世にいること。生命を存続すること。「生存していくための闘い」「生存者」
[類語]生息存命存生在世生きる生かす生活在るそんする永らえる

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通 「生存」の読み・字形・画数・意味

【生存】せいぞん

生きる。魏・曹植〔篌引〕詩 生存しては屋に處(を)り 零(死)しては山丘に歸す 先民、誰(たれ)か死せざらん 知命、復(ま)た何をか憂へん

字通「生」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

不信任決議

議院内閣制のもとで,議会が内閣を信任しない意思表示を決議によって積極的に表明すること。一般的には下院固有の権限であり,不信任決議案が可決成立した場合には内閣は総辞職するか下院を解散しなければならない。...

不信任決議の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android