生存(読み)せいぞん

精選版 日本国語大辞典「生存」の解説

せい‐ぞん【生存】

〘名〙 (「せいそん」とも) この世に生きて存在すること。生命を持続すること。生きながらえること。生き残ること。
※古活字本毛詩抄(17C前)一九「今生存の時の如くに多士が行なうぞ」
※新粧之佳人(1886)〈須藤南翠〉一八「妾(わたく)しの心には今以て良人は生存(セイソン)して居て」 〔説苑‐尊賢〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「生存」の解説

せい‐ぞん【生存】

[名](スル)《「せいそん」とも》生きてこの世にいること。生命を存続すること。「生存していくための闘い」「生存者」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android