コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

嫌気的解糖 ケンキテキカイトウ

デジタル大辞泉の解説

けんきてき‐かいとう〔‐カイタウ〕【嫌気的解糖】

生体内で酸素を利用せずに糖(グルコース)をピルビン酸乳酸などに分解し、エネルギーを産生する反応過程。酸素がある好気的条件下ではピルビン酸まで、酸素がない嫌気的条件下ではさらに乳酸やエタノールなどに分解される。エムデンマイエルホーフ経路。⇔好気的解糖
[補説]解糖は酸素がある好気的条件下でも行われるが、細胞に酸素が十分に供給されているときは解糖の反応速度が抑制され、酸素が不足すると亢進する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

嫌気的解糖の関連キーワード乳酸脱水素酵素嫌気解糖解糖系糖新生

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android