嫌気的解糖(読み)ケンキテキカイトウ

デジタル大辞泉 「嫌気的解糖」の意味・読み・例文・類語

けんきてき‐かいとう〔‐カイタウ〕【嫌気的解糖】

生体内で酸素を利用せずに糖(グルコース)をピルビン酸乳酸などに分解し、エネルギーを産生する反応過程。酸素がある好気的条件下ではピルビン酸まで、酸素がない嫌気的条件下ではさらに乳酸やエタノールなどに分解される。エムデンマイエルホーフ経路。⇔好気的解糖
[補説]解糖は酸素がある好気的条件下でも行われるが、細胞に酸素が十分に供給されているときは解糖の反応速度が抑制され、酸素が不足すると亢進する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

五節舞

日本の上代芸能の一つ。宮廷で舞われる女舞。大歌 (おおうた) の一つの五節歌曲を伴奏に舞われる。天武天皇が神女の歌舞をみて作ったと伝えられるが,元来は農耕に関係する田舞に発するといわれる。五節の意味は...

五節舞の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android