コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

子宮底 シキュウテイ

デジタル大辞泉の解説

しきゅう‐てい【子宮底】

子宮体部上端部に位置する丸みを帯びた部位
[補説]医学では、上端を底辺とする逆三角形の器官の上部や、中空構造の器官の奥の方(開口部から遠い部位)を表すのに底という語が用いられる。実際には下方に位置していなくても「~底」と呼ばれる部位として、他に、眼底心底胃底仙骨底膝蓋骨底(しつがいこつてい)などがある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の子宮底の言及

【子宮】より

…妊娠すると著しく大きくなる。上面を子宮底,上方の大きく丸みをおびた部分を子宮体,下方の細くなった部分を子宮頸という。上端の左右は卵管に,下方は腟に続く。…

※「子宮底」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

子宮底の関連キーワードバーソロミューの1/4法則バルトロメオ四半期法則妊娠中の健康管理マクドナルド法則出産予定日羊水過少胎盤遺残羊水過多膝蓋骨底不妊症開口部卵管性器妊娠子宮補説器官産褥

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android