子宮底(読み)シキュウテイ

デジタル大辞泉の解説

しきゅう‐てい【子宮底】

子宮体部の上端部に位置する丸みを帯びた部位
[補説]医学では、逆錐状の器官の上底面や、中空構造の器官の奥部(開口部から遠い部位)を表すのに「底(てい)」という語が用いられる。実際には下方に位置していなくてもこのように呼ばれる部位として、他に、眼底心底胃底仙骨底膝蓋骨底(しつがいこつてい)などがある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の子宮底の言及

【子宮】より

…妊娠すると著しく大きくなる。上面を子宮底,上方の大きく丸みをおびた部分を子宮体,下方の細くなった部分を子宮頸という。上端の左右は卵管に,下方は腟に続く。…

※「子宮底」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android