コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

字余り ジアマリ

デジタル大辞泉の解説

じ‐あまり【字余り】

和歌・俳句などで、音数が定まった音よりも多いこと。また、その句。⇔字足らず

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

字余り【じあまり】

歌学用語。短歌は5・7・5・7・7という音数律による〈三十一文字(みそひともじ)〉の定型から成るが,その音数を超過したものをいう。本居宣長は《字音仮名用格(じおんかなづかい)》において,古い時代の歌の字余りの句中には,必ず単独の母音音節〈あ〉〈い〉〈う〉〈お〉のいずれかが含まれていることを発見した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

じあまり【字余り】

和歌・連歌・俳諧などの定型詩で、定まった音数より多くなること。 ↔ 字足らず

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone

字余りの関連情報