コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

字余り ジアマリ

デジタル大辞泉の解説

じ‐あまり【字余り】

和歌・俳句などで、音数が定まった音よりも多いこと。また、その句。⇔字足らず

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

字余り【じあまり】

歌学用語。短歌は5・7・5・7・7という音数律による〈三十一文字(みそひともじ)〉の定型から成るが,その音数を超過したものをいう。本居宣長は《字音仮名用格(じおんかなづかい)》において,古い時代の歌の字余りの句中には,必ず単独の母音音節〈あ〉〈い〉〈う〉〈お〉のいずれかが含まれていることを発見した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

じあまり【字余り】

和歌・連歌・俳諧などの定型詩で、定まった音数より多くなること。 ↔ 字足らず

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

字余りの関連キーワード信州大学長の入学式あいさつクセ(曲)岡田 誠三一枚起請文相撲甚句岡田誠三自由律脱亜論談林派定型詩平ノリ調べ和歌申酉お祭破調

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

字余りの関連情報