コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

音数律 オンスウリツ

大辞林 第三版の解説

おんすうりつ【音数律】

音節の数によってつくられる詩歌のリズム。五七調・七五調など五音と七音の組み合わせによる場合が多い。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の音数律の言及

【韻律】より

…西洋の詩や中国の詩において韻律の基本に重大な関係をもつものはアクセントであるが,日本の詩歌はアクセントを基本にしていないで,もっぱら言葉の発せられる音の数によって韻律がつくられた。すなわち音数律と呼ばれるものがそれである。日本語にも,むろんアクセントはあるが,それは高さアクセントpitchが主で,それにわずか強さアクセントstressが加わっているのである。…

【七五調】より

…文芸用語。主として歌論,詩論に用いられる語で,五七調とならんで,日本の詩歌における音数律の主たる一形式である。7音節とそれに続く5音節とが1単位となったものをいう。…

※「音数律」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

音数律の関連キーワードユヌス・エムレ福士 幸次郎短歌(文学)大野 恵造組み合わせ福士幸次郎景幾体歌歌経標式上代歌謡弄斎節クドキ字余り定型詩地拍子自由律頭韻今様琉歌和歌七音

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android