存じ寄る(読み)ゾンジヨル

デジタル大辞泉の解説

ぞんじ‐よ・る【存じ寄る】

[動ラ四]「思いつく」「思い当たる」の意の謙譲語。
「偽り枕交はせしに―・らぬ祝言の結納(ゆひいれ)」〈浄・関八州繋馬〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぞんじよる【存じ寄る】

( 動五[四] )
「思いつく」意の謙譲語。 「名に聞えたるは此処の事か。いやそれとも-・らず候/ふところ日記 眉山

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android