コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

祝(い)言 イワイゴト

5件 の用語解説(祝(い)言の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

いわい‐ごと〔いはひ‐〕【祝(い)言】

幸福を祈願する言葉。また、慶事をことほぐ言葉。

しゅう‐げん〔シウ‐〕【祝言】

祝いの言葉。賀詞。祝詞。祝辞。「祝言を述べる」
祝い。祝儀。「年始の祝言
結婚式。婚礼。「吉日を選んで祝言を挙げる」「仮祝言
日本音楽で、祝意を表す曲。ふつう、番組の初めか終わりに演奏する。雅楽の「長慶子(ちょうげいし)」、浄瑠璃の「梵天国」などのほか、三番叟(さんばそう)物の義太夫節・長唄・清元などにある。祝言音曲。
祝言能」の略。

ほぎ‐ごと【祝言/寿言/詞】

祝って言う言葉。祝福の言葉。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

しゅうげん【祝言】

祝福の言葉ないし寿歌(ほぎうた)の意。能の用語として重要。世阿弥は音曲(謡)に,はじめ祝言,哀傷と二つの対照概念を立てたが,やがて,祝言,幽曲(幽玄音曲の意),恋慕,哀傷,闌曲の五音曲に分類した。世阿弥の女婿金春(こんぱる)禅竹は八音説を立てるが,その冒頭はやはり祝言である。すなわち,猿楽能じたいが,本来祝言をその効用として成り立っているのである。鎌倉期の代表的寺社芸能は〈延年〉と呼ばれ,脇能にもそのパターンを踏襲するものがあり,世阿弥も〈申楽延年〉〈風月延年〉〈寿福増長〉と《風姿花伝》に書いて,この芸の祝言性を強調している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

しゅうげん【祝言】

祝い。また、祝いの言葉。祝辞。
婚礼。結婚式。 「 -を挙げる」
「祝言能」の略。
邦楽や浄瑠璃などで、初めまたは終わりにうたう祝いの意を表す曲。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

祝(い)言の関連キーワード俚俗言換え言葉なお耳に在り言葉なし寿ぎ冗多ずきり無げの言葉北村想久米千寿

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone