存上(読み)ぞんじあげる

精選版 日本国語大辞典「存上」の解説

ぞんじ‐あ・げる【存上】

〘他ガ下一〙 ぞんじあ・ぐ 〘他ガ下二〙 「知る」「思う」の意の謙譲語
歌舞伎・薄雪今中将姫(1700)一「わけて(それがし)事御心安く召寄せらるる段難有う存じ上げまする」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報