存覚上人一期記(読み)ぞんかくしょうにんいちごき

世界大百科事典 第2版の解説

ぞんかくしょうにんいちごき【存覚上人一期記】

本願寺3代法主覚如の子存覚の,生涯の間の重要事件を記したもの。原題は,存覚が常楽台の住持だったことにちなんで《常楽台主老衲一期記(じようらくだいしゆろうのういちごき)》。現在伝わるものは,大永年間(1521‐28)に本願寺8代法主蓮如の孫顕誓が抄録したものの写本。顕誓の奥書によると72歳までの記事は存覚の口述をその子綱厳が筆記したもの,その後の記事は綱厳が書き加えたものであり,原本は享禄年間(1528‐32)に焼失した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報