コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

存覚上人一期記 ぞんかくしょうにんいちごき

1件 の用語解説(存覚上人一期記の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ぞんかくしょうにんいちごき【存覚上人一期記】

本願寺3代法主覚如の子存覚の,生涯の間の重要事件を記したもの。原題は,存覚が常楽台の住持だったことにちなんで《常楽台主老衲一期記(じようらくだいしゆろうのういちごき)》。現在伝わるものは,大永年間(1521‐28)に本願寺8代法主蓮如の孫顕誓が抄録したものの写本。顕誓の奥書によると72歳までの記事は存覚の口述をその子綱厳が筆記したもの,その後の記事は綱厳が書き加えたものであり,原本は享禄年間(1528‐32)に焼失した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

存覚上人一期記の関連キーワード覚如上人湛如上人三門徒東本願寺覚如毫摂寺慕帰絵詞本願寺派円如善如

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone