コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

存覚上人一期記 ぞんかくしょうにんいちごき

世界大百科事典 第2版の解説

ぞんかくしょうにんいちごき【存覚上人一期記】

本願寺3代法主覚如の子存覚の,生涯の間の重要事件を記したもの。原題は,存覚が常楽台の住持だったことにちなんで《常楽台主老衲一期記(じようらくだいしゆろうのういちごき)》。現在伝わるものは,大永年間(1521‐28)に本願寺8代法主蓮如の孫顕誓が抄録したものの写本。顕誓の奥書によると72歳までの記事は存覚の口述をその子綱厳が筆記したもの,その後の記事は綱厳が書き加えたものであり,原本は享禄年間(1528‐32)に焼失した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android