コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

季節躍層 きせつやくそうseasonal thermocline

1件 の用語解説(季節躍層の意味・用語解説を検索)

海の事典の解説

季節躍層

海面を通しての加熱が著しい晩春から夏期にかけて、表層混合層の中に水温の鉛直勾配が大きな層が生じ次第に発達していくが、この水温躍層季節躍層とい う。海面の冷却が始まる秋期から、海面近くに新たな混合層が生じ、対流や風・波による混合作用によって発達していくが、これに応じて季節躍層の深さも増大 してゆき、厳冬期には主水温躍層に吸収される。 (永田)

出典|(財)日本水路協会 海洋情報研究センター
海の事典について | 情報

世界大百科事典内の季節躍層の言及

【海水】より

…これを主躍層という。このほか,夏期に表層に現れるもう一つの躍層を季節躍層という。 世界の海の海水の温度Tと塩分Sの組合せを作ると,それは決まった幾種類かに限定されていることがわかる。…

※「季節躍層」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone