コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

孤注(読み)コチュウ

デジタル大辞泉の解説

こ‐ちゅう【孤注】

ばくちで、なけなしの金をはたいて、のるかそるかの勝負をすること。
一か八(ばち)かの勝負。危険を冒すたとえ。「孤注一擲(いってき)」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こちゅう【孤注】

〔「宋史寇準伝」による。「孤」は一つ・一度、「注」は投げ出して賭けること〕
博打ばくちで、最後の所持金を全部はたいて、勝負を一挙に決すること。
命運をかけて物事を試みること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

諂う/諛う

[動ワ五(ハ四)]人の気に入るように振る舞う。また、お世辞を言う。おもねる。追従(ついしょう)する。「上司に―・う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android