乾坤一擲(読み)ケンコンイッテキ

デジタル大辞泉の解説

けんこん‐いってき【×坤一×擲】

運命をかけて大勝負をすること。「乾坤一擲の大企画」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

けんこんいってき【乾坤一擲】

〔韓愈「過鴻溝」より。さいころを投げて、天がでるか地がでるかをかける意〕
運命をかけて大きな勝負をすること。 「 -の大事業」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

乾坤一擲
けんこんいってき

さいころを(な)げて、その1回だけの賽(さい)の目に、天が出るか地が出るかを賭(か)けることをいう。「乾坤」は天地のこと。「一擲乾坤を賭(と)す」ともいい、運を天に任せて、のるかそるかの大勝負をすることをいい、中国、唐の韓愈(かんゆ)の「鴻溝(こうこう)を過ぎるの詩」に、「誰(たれ)か君王に勧めて馬首を回(めぐ)らし、真成一擲乾坤を賭ける」などとある。[田所義行]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

乾坤一擲の関連情報