乾坤一擲(読み)ケンコンイッテキ

デジタル大辞泉の解説

けんこん‐いってき【×坤一×擲】

運命をかけて大勝負をすること。「乾坤一擲の大企画」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

けんこんいってき【乾坤一擲】

〔韓愈「過鴻溝」より。さいころを投げて、天がでるか地がでるかをかける意〕
運命をかけて大きな勝負をすること。 「 -の大事業」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

乾坤一擲
けんこんいってき

さいころを(な)げて、その1回だけの賽(さい)の目に、天が出るか地が出るかを賭(か)けることをいう。「乾坤」は天地のこと。「一擲乾坤を賭(と)す」ともいい、運を天に任せて、のるかそるかの大勝負をすることをいい、中国、唐の韓愈(かんゆ)の「鴻溝(こうこう)を過ぎるの詩」に、「誰(たれ)か君王に勧めて馬首を回(めぐ)らし、真成一擲乾坤を賭ける」などとある。[田所義行]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

乾坤一擲の関連情報