学年試験(読み)がくねんしけん

大辞林 第三版の解説

がくねんしけん【学年試験】

学年の終わりに、学業修得の程度を検査するために行う試験。学年末試験。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

がくねん‐しけん【学年試験】

〘名〙 学年の終わりに、その一年間の成果を考査するために行なう試験。《季・春》
※正岡子規宛夏目漱石書簡‐明治二二年(1889)六月五日「又学年試験は宿題読大八洲史と云ふ事なり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

栄典制度

社会に対する功労者の栄誉を表彰するために国法上与えられる特殊な地位に関する制度。大日本帝国憲法時代には,爵,位,勲章および褒章があり,その授与は天皇の大権事項であった(15条)。日本国憲法下にいたって...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

学年試験の関連情報