コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

孫夜叉 まごやしゃ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

孫夜叉 まごやしゃ

鎌倉-南北朝時代の女性。
石見(いわみ)(島根県)の在地領主永安兼祐の娘。吉川(きっかわ)経茂の妻。延慶(えんきょう)3年(1310)母良円から永安別符の地を譲渡された。夫の死後良海と称する。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

孫夜叉

生年:生没年不詳
鎌倉・南北朝時代の女性。石見国(島根県)の在地領主永安兼祐の娘。吉川経茂の妻。夫の死後,良海と称する。父の遺言により,母一期ののちに永安別符,益田荘内小弥富,寸津などを知行。母良円の死後,弟兼員との間に相論が生じたが,和与,折中の裁許を受け,永安一方地頭となった。のちこの所領を嫡子吉川経貞に譲るが,貞和5/正平4(1349)年悔い返し,次男経兼を嫡子として譲与,そのほかの子にも門田や所領を分譲している。このように,いったん嫡子と決めた子を勘当し,別の子を嫡子と定め,数子に所領を譲与したのは,良海が後家尼であり,家長権を握っていたからである。<参考文献>『吉川家文書

(田端泰子)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android