コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

孫夜叉 まごやしゃ

2件 の用語解説(孫夜叉の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

孫夜叉 まごやしゃ

鎌倉-南北朝時代の女性。
石見(いわみ)(島根県)の在地領主永安兼祐の娘。吉川(きっかわ)経茂の妻。延慶(えんきょう)3年(1310)母良円から永安別符の地を譲渡された。夫の死後良海と称する。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

孫夜叉

生年:生没年不詳
鎌倉・南北朝時代の女性。石見国(島根県)の在地領主永安兼祐の娘。吉川経茂の妻。夫の死後,良海と称する。父の遺言により,母一期ののちに永安別符,益田荘内小弥富,寸津などを知行。母良円の死後,弟兼員との間に相論が生じたが,和与,折中の裁許を受け,永安一方地頭となった。のちこの所領を嫡子吉川経貞に譲るが,貞和5/正平4(1349)年悔い返し,次男経兼を嫡子として譲与,そのほかの子にも門田や所領を分譲している。このように,いったん嫡子と決めた子を勘当し,別の子を嫡子と定め,数子に所領を譲与したのは,良海が後家尼であり,家長権を握っていたからである。<参考文献>『吉川家文書

(田端泰子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

孫夜叉の関連キーワード石見佐波善四郎高津長幸恒松隆慶土居実行南寿慎終三隅兼連

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone