コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

孵化鶏卵培養法 ふかけいらんばいようほうegg culture of viruses

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

孵化鶏卵培養法
ふかけいらんばいようほう
egg culture of viruses

孵化が進行している鶏卵内でウイルスリケッチアを培養すること。発育鶏卵培養法ともいう。特にウイルスではその種により,孵卵の時期,接種部位,増殖時期が異なる。接種部位は漿尿膜上,尿膜腔,羊膜腔,卵黄嚢,鶏胚などで,普通 10~13日孵化したものを用い,接種後2~5日で増殖が完了する。この培養法はウイルスやリケッチアの研究,特にその培養とワクチン製造によく用いられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android