コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

卵黄嚢 らんおうのうyolk sac

翻訳|yolk sac

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

卵黄嚢
らんおうのう
yolk sac

動物の端黄卵,多黄卵の卵黄塊を包む袋状構造。胚体と嚢との間はくびれ,卵黄柄でつながる。卵黄の分解吸収を行い血管を通して胚体へ送る。無脊椎動物では軟体動物の頭足類,脊椎動物では魚類羊膜類 (爬虫類,鳥類,哺乳類) でみられる。発生中,胚盤の端が卵黄の上に広がり,完全に包み込んで形成される。魚類ではこの膜は体壁の延長の体壁葉と消化管の延長である内臓葉から成り,両者の間に胚体外体腔がある。羊膜類では前者は羊膜と漿膜になり,後者が卵黄嚢で,胚膜の一つ。哺乳類では卵黄塊はないが,卵黄嚢に相当する構造を生じる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

らんおう‐のう〔ランワウナウ〕【卵黄×嚢】

魚類羊膜類胎生期初期にみられる、卵黄を包む袋状の膜。卵黄の分解・吸収を行い、多数の血管を通じてに栄養を送る。卵黄が消費されてなくなると、胚に吸収される。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

卵黄嚢の関連キーワード孵化鶏卵培養法子どもの造血原生殖細胞結合組織造血組織造血作用コックス水産増殖卵黄循環アンコウカジカ卵胎生卵巣内植体柄

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android