(読み)フ

精選版 日本国語大辞典の解説

かえ・す かへす【孵】

〘他サ五(四)〙
① 卵を、ひなや子にする。孵化させる。
※宇津保(970‐999頃)藤原の君「かひのうちに命こめたるかりのこは君がやどにてかへさざるらん」
② (比喩的に) 考えなどをじゅうぶんにかためる。熟させる。
※彼岸過迄(1912)〈夏目漱石〉須永の話「同じ問題を孵(カヘ)しつつあるのではなからうか」

かえ・る かへる【孵】

〘自ラ五(四)〙 (「かえる(返)」と同語源)
① 卵からひなや子になる。孵化(ふか)する。〔十巻本和名抄(934頃)〕
※宇津保(970‐999頃)藤原の君「浜千鳥ふみこし浦に巣もりごのかへらぬ跡は尋ねざらなん」
② (比喩的に) 考えなどが十分にかたまる。熟す。
※クローディアスの日記(1912)〈志賀直哉〉「若し此考が孵(カヘ)ったら彼は何をするか解らない」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

野球の用語

アウトサイド・コーナー outside corner 打者から見て本塁上の遠い側。外角。和製英語ではアウトコーナーともいう。アシスト assist打者が打った球を捕球後にある塁に送球し走者の刺殺を間接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android