コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

未だ イマダ

デジタル大辞泉の解説

いま‐だ【未だ】

[副]
今になってもまだ実現していないさま。「未だはっきりしない事故原因」
以前のままであるさま。「周囲の山々は未だ冬の装いである」
[補説]漢文訓読で「未」を「いまだ…ず」と読むことから、打消しの語を伴って用いられることが多い。「いま」は「今」、「だ」は「だに」の「だ」とも、副詞をつくる接尾語「だ」ともいわれる。

まだ【未だ】

[形動][文][ナリ]
その時点までに実現していないさま。「食事の未だな人は早く済ませなさい」
ましなさま。
「磊落に母親に物をいったりするは―な事」〈二葉亭浮雲
いまだに未熟であるさま。また、物わかりの悪いさま。
「ほんに年に似合はぬ―な事をいはしゃるわいの」〈浄・嫩軍記
[副]《「いまだ」の音変化》
(打消しの語を伴って)ある事柄がその時点までに実現していないさま。「未だ帰らない」「未だできていない」
期待されるべき状態になっていないさま。「独立には未だ早過ぎる」「今は未だ五月だ」
前からの状態がその時まで続いているさま。「未だ雨が降っている」「未だ寝ている」
残りがあるさま。また、余地のあるさま。さらに。「未だ言いたいことがある」「期日まで未だ日数がある」
時間・日数が少ししかたっていないさま。たった。「父が死んで未だ一年だ」
十分ではないが、他にくらべればよいほうだという気持ちを表す。どちらかといえば。まだしも。「寒いのは未だ我慢できる」「退くよりは進むほうが未だましだ」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いまだ【未だ】

( 副 )
(下に打ち消しの語を伴って)「まだ」の文章語的表現。その時点で物事が実現していないさま。今になってもまだ。 「原因は-究明されていない」
ある状態が引き続いているさま。今でもまだ。 「その煙-雲のなかへ立ち上るとぞ言ひ伝へたる/竹取」 〔漢文で「未」を「いまだ…ず」と訓読したことから、近世以降打ち消しの語を伴う用法が固定した〕

まだ【未だ】

( 副 )
〔「いまだ」の転。中古以降広く用いられる〕
ある状態・段階・程度に至っていないさま。
現在の状態になっていないさま。かつて。 「 -若かった頃」 「あの頃は-田園地帯だった」
予想される状態・段階に至っていないさま。 「 -若い」 「 -春は浅い」 「 -風呂はわかない」
ある状態に達するには、なお残りのあるさま。 「 -二、三日かかる」 「 -時間がある」 「 -食糧はある」
その段階において、物事が実現していないさま。 「 -読んだことがない」 「 -仕上がっていない」
ある状態・行為が継続しているさま。依然として。 「 -雪が降っている」 「 -話し込んでいる」 「傷が-なおらない」
時間がわずかしか経過していないさま。たった。 「 -十日しかたっていない」
十分とはいえないが、ともかく他のものよりは勝っているさま。どちらかといえば。むしろ。 「前の方が-よかった」 「ないよりは-ましだ」
同じような事柄がそのほかにもあるさま。さらに。 「言いたいことは-山ほどある」 「原因は-ある」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

未だの関連キーワード釣り替え・釣替え熔岩角礫岩鎖し籠める填装・塡装陰陽和合縛に就く未だ未だ未収金とよく自貫入猖獗追考霊び周匝装い洋文御悩空嚢遊息人界

今日のキーワード

内密出産

ドイツで2013年に法律が制定され、14年から実施されている妊婦支援の制度。母親は相談機関に実名で相談し身元を明かす証書を封印して預け、医療機関では匿名で出産する。子は原則16歳になったら出自を知るこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

未だの関連情報