コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

保育 ほいくchild day care

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

保育
ほいく
child day care

乳幼児を適切な環境のもとで,健康・安全で安定感をもって活動できるように養護するとともに,その心身を健全に発達させるように教育すること。広義には集団保育と,家庭保育の両方を含むが,狭義には,集団保育の場である保育園所,幼稚園において,専門の教養を修め資格をもった保育者による乳幼児保護養育を称する。近年,核家族化や女性の就労など子供を取巻く環境の変化により,集団保育のニーズは高まっている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ほ‐いく【保育】

[名](スル)
乳幼児を保護し、育てること。
乳幼児の心身の正常な発達のために、幼稚園・保育所などで行われる養護を含んだ教育作用。「三年保育

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

保育【ほいく】

一般に乳幼児期の教育をさす。1877年に東京女子師範学校(現,お茶の水女子大学)附属幼稚園規則中に初めて用いられた。この用語は,主に幼稚園保育所での養護・教育の意味で使用されてきたが,今日,家庭教育をも含めたより広い意味で使用されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ほいく【保育】

乳幼児の保護・養育をいう。第2次大戦前には〈保育〉の語の用例として,皇室典範にいう〈天皇未タ成年ニ達セサルトキハ太傅(たいふ)ヲ置キ保育ヲ掌(つかさど)ラシム〉(26条)がしばしば引かれたが,保育の対象は一般には成年までではなく,学齢前の乳幼児である。乳幼児の人間的発達にとっては,適切な食事,排泄,睡眠という基本的活動や遊びなどを含む生活全体が,両親はじめおとなたちの保護と配慮の下におかれる必要があり,この保護・配慮が保育にほかならない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ほいく【保育】

( 名 ) スル
保護し育てること。育成すること。
幼児の心身の正常な発育を目的として、幼稚園・保育所・託児所などで行われる養護を含んだ教育作用。 「三年-」
林業で、幼齢林を目的の森林に育てるために行う下刈り・つる切り・除伐・間伐などの手入れ作業の総称。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

保育
ほいく

乳児・幼児を保護しながら教育するという働きを意味する。これは、対象が乳児・幼児期の子供で、十分に自立できていないため、つねに、危険から保護することが必要であることによる。このことを明確にするよう、乳児・幼児を対象とする教育を「保育」ということばで表すようにしてきたといわれる。
 最初に保育ということばが用いられたのは、1876年(明治9)わが国最初の幼稚園として東京女子師範学校(現在のお茶の水女子大学)附属幼稚園が創設されたとき、「園中ニ在テハ保姆(ほぼ)小児保育ノ責ニ任ス」など幼稚園での幼児の教育を表す場合であった。現在、幼稚園の目的は、学校教育法に「幼稚園は、幼児を保育し、適当な環境を与えて、その心身の発達を助長することを目的とする」と定められている。幼稚園での幼児の教育が保育ということばで表され続けている。しかし、文部科学省は、幼稚園の機能を保育ということばでなく、教育ということばで表すようにしてきている。文部省時代の1948年(昭和23)、国の幼稚園の保育内容の基準として「保育要領」を定めたが、56年の改訂時に名称を「幼稚園教育要領」に改めた。
 保育所の機能も、厚生労働省が保育所における保育内容の指針として、厚生省時代の1965年に作成した「保育所保育指針」に、保育の基本的性格が「養護と教育が一体となって、豊かな人間性を持った子どもを育成するところに」あると示している。ここでは、親にかわって食事、睡眠(昼寝)など身の回りの世話や話の相手になるなど、日常生活的なものとしての養護と教育とが一体となって働きかけるものとして、保育ということばが用いられている。
 さらに、小学校低学年児童のうち親が共働きなどの理由で、放課後帰宅しても家にその世話をする大人のいない場合がある。この児童たちを、放課後から親が仕事を済ませて家庭に帰るまでの間、一定の場所に集め、その安全と生活指導を行うことが必要となっている。市町村において行われるこの種の事業は児童福祉法によって放課後児童健全育成事業と定められているが、一般には「学童保育」とよばれている。[岡田正章]
『坂元彦太郎編『保育の探求』(1981・フレーベル館) ▽千羽喜代子編『乳幼児保育学』(1993・福村出版)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の保育の言及

【育児】より

… 学問的な知識は,そのままの形で育児の実践にもちこむことは難しい。学問を咀嚼(そしやく)して理解しやすい形にし,それを両親,保育者,その他育児にかかわる人たちに伝達することが必要で,効果的な育児情報の伝達手段を考えることも育児学の役割の一部分である。情報伝達の手段としては,書籍,雑誌,新聞,ラジオ,テレビ,電話などのマス・コミュニケーション・メディアも広く利用されている。…

【保育所】より

…今日の日本では児童福祉法(1947公布)による児童福祉施設の一つで,〈日日保護者の委託を受けて,保育に欠けるその乳児又は幼児を保育することを目的とする施設〉である。このような施設の起源は必ずしも明らかではないが,ふつう,1779年フランスのアルザス・ロレーヌでプロテスタント牧師オベルランJean Fréderic Oberlin(1740‐1826)が貧困家庭の子の昼間保育を始めたのが最初とされる。…

【保母】より

保育所,児童養護施設などの児童福祉施設で,一定の資格をもって子どもの保育に携わる女子職員。当初はナースnurseの訳語で子どものお守役というほどの意味であった。…

※「保育」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

保育の関連キーワード家庭的保育とグループ型小規模保育国際こども・福祉カレッジ認可保育所と認可外保育所大阪健康ほいく専門学校大阪教育福祉専門学校育林サービス事業体企業主導型保育施設企業主導型保育所放課後児童クラブ南海福祉専門学校東京福祉専門学校ベビー・ホテル無認可保育施設地域型保育給付小規模保育施設認可外保育施設ゼロ歳児保育事業内保育所無認可保育園家庭的保育者

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

保育の関連情報