コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宇宙のバブル構造 ウチュウノバブルコウゾウ

2件 の用語解説(宇宙のバブル構造の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

うちゅう‐の‐バブルこうぞう〔ウチウ‐コウザウ〕【宇宙のバブル構造】

宇宙の大規模構造

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

宇宙のバブル構造
うちゅうのばぶるこうぞう
bubble-like structure

銀河が巨大な泡(バブル)状に分布すること。銀河は太陽のような恒星が1000億個以上も集まったものである。宇宙全体の差し渡しは150億光年といわれているが、そのなかには約1兆個もの銀河が存在する。最近の研究によれば、この銀河は一様に分布するのではなく、直径が6000万光年から1億5000万光年という巨大な泡状に分布することがわかった。宇宙空間には、光っている星のほかに、その10倍にものぼる暗黒物質があるが、銀河の泡構造は暗黒物質によって形成されたという予想がある。[広瀬立成]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone