コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宇宙の大規模構造 うちゅうのだいきぼこうぞう

3件 の用語解説(宇宙の大規模構造の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

宇宙の大規模構造
うちゅうのだいきぼこうぞう

宇宙には階層構造があって,銀河が集まってつくる銀河団,銀河団が集まってつくる超銀河団があることは以前から知られていた。ところが 1980年代になって,宇宙にはほとんど銀河の存在していない,直径が約 1億光年もあるような巨大な領域,ボイド(超空洞)があり,そのまわりを取り囲むように超銀河団が連なっていることがわかった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

知恵蔵の解説

宇宙の大規模構造

銀河は集団化して銀河団を作り、銀河団もまた超銀河団の形で集団化している。また、その隙間にはボイド呼ばれる、銀河が存在しない領域がある。超銀河団とボイドは1億〜3億光年のスケールの構造。このような大きな構造が宇宙の大規模構造。これがどのくらい大きな構造かは分かっていない。これを明らかにするため、25億光年彼方まで、光度23等級までの約1億個の銀河を観測するスローン・デジタル・スカイ・サーベイ(SDSS)計画が進行中。また、130億光年彼方まで、27等級までの約200万個の銀河をHSTやすばる望遠鏡などで観測するコスモス(COSMOS)計画が2003年に始まった。

(二間瀬敏史 東北大学大学院理学研究科教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
知恵蔵について | 情報

デジタル大辞泉の解説

うちゅう‐の‐だいきぼこうぞう〔ウチウ‐ダイキボコウザウ〕【宇宙の大規模構造】

宇宙の中で銀河の分布が示す巨大な泡状の構造。宇宙空間は互いに接し合う石鹸(せっけん)の泡に例えられ、泡の膜面に銀河が分布し、複数の泡が接しあう部分において、銀河団が多数連なり超銀河団を形成する。膜面の部分はグレートウォールと呼ばれ、また、泡の内部に相当するボイドと呼ばれる領域には銀河がほとんど存在しない。このような銀河の分布は宇宙初期における暗黒物質の密度のゆらぎと深い関わりがあると考えられている。宇宙の泡構造宇宙のバブル構造

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

宇宙の大規模構造の関連情報