宇宙再電離(読み)うちゅうさいでんり(英語表記)cosmic reionization

知恵蔵「宇宙再電離」の解説

宇宙再電離

宇宙マイクロ波背景放射は、プラズマが再結合し、宇宙が中性化した時期(宇宙誕生後38万年)の放射である。一方、近傍の宇宙から125億光年かなたの宇宙空間はほぼ完全に離されていることが分かっている。したがって、いったん中性化した宇宙を再び電離する事象が宇宙誕生後38万年以降に起こったことになる。これを宇宙再電離と呼ぶ。第一世代天体は再電離源の候補の1つである。

(谷口義明 愛媛大学宇宙進化研究センターセンター長 / 2008年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android