コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宇宙往還機 うちゅうおうかんきflyback plane

1件 の用語解説(宇宙往還機の意味・用語解説を検索)

知恵蔵の解説

宇宙往還機

地上から発進し、軌道上で仕事をした後、地上に帰還するタイプの宇宙機。1981年に初飛行をした米国のスペースシャトルは初めての宇宙往還機だが、ブッシュ大統領はスペースシャトルの2010年の引退を表明している。かつてソ連は「ブラン」という宇宙往還機を開発、テストしたが、実用には至らなかった。ソユーズのように、使いきりロケットで打ち上げられ、帰還だけを自力で行うタイプも宇宙往還機とする場合もある。現在米国は次世代の宇宙往還機としてCEVの開発計画を進めており、ロシアも3人乗りのソユーズに続く6人乗りのクリッパーという往還機の計画がある。単段式や2段式の宇宙往還機の実現を目指して、世界中がしのぎを削っている。日本では、垂直離着陸の実験機RVTの基礎開発が行われている。

(的川泰宣 宇宙航空研究開発機構宇宙教育センター長 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
知恵蔵について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

宇宙往還機の関連情報