コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

帰還 キカン

デジタル大辞泉の解説

き‐かん〔‐クワン〕【帰還】

[名](スル)
遠方から帰ってくること。特に、戦場などから基地・故郷などに帰ること。「宇宙から無事帰還する」「帰還兵」
(「饋還」とも書く)「フィードバック」に同じ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

帰還【きかん】

制御工学,通信工学の用語で,増幅器など一つの電気回路,また系統において出力の一部または全部が入力側に送り返されること。フィードバックともいい,入力に対し逆位相で戻される場合を負帰還(ネガティブ・フィードバック)と呼ぶ。
→関連項目アンプ再生(電気)発振発振回路フィードバック

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

帰還/ゲド戦記最後の書

米国の作家アーシュラ・K・ル=グィンのファンタジー小説(1990)。原題《Tehanu》。「アースシーシリーズ(「ゲド戦記」シリーズ)。ネビュラ賞長編部門受賞(1990)。ローカス賞(ファンタジー長編部門)受賞(1991)。

帰還

英国の作家ディックフランシスミステリー(1991)。原題《Comeback》。競馬界を舞台にしたシリーズの第30作。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

帰還
きかん

フィードバック」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

帰還
きかん

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の帰還の言及

【フィードバック】より

…本来は制御工学や通信工学の用語。帰還ともいう。N.ウィーナーがサイバネティックスの中心概念の一つとして取り上げてから一般的にも使用されるようになった。…

※「帰還」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

帰還の関連情報