実用(読み)ジチヨウ

デジタル大辞泉の解説

じち‐よう【実用】

[名・形動ナリ]まじめなこと。また、そのさま。実直。律儀。
「いとまめに―にて、あだなる心なかりけり」〈伊勢・一〇三〉

じつ‐よう【実用】

実際に用いること。日常生活などの場で実際に役に立つこと。「実用に供する」「実用品」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じちよう【実用】

( 名 ・形動ナリ )
まじめなこと。実直なこと。また、そのさま。 「いとまめに-にて/伊勢 103

じつよう【実用】

実際に役に立つこと。実際に用いること。 「試験を終え-の段階に入る」 「 -性を疑う」 「 -化をはかる」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

実用の関連情報