コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

実用 ジチヨウ

デジタル大辞泉の解説

じち‐よう【実用】

[名・形動ナリ]まじめなこと。また、そのさま。実直。律儀。
「いとまめに―にて、あだなる心なかりけり」〈伊勢・一〇三〉

じつ‐よう【実用】

実際に用いること。日常生活などの場で実際に役に立つこと。「実用に供する」「実用品」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じちよう【実用】

( 名 ・形動ナリ )
まじめなこと。実直なこと。また、そのさま。 「いとまめに-にて/伊勢 103

じつよう【実用】

実際に役に立つこと。実際に用いること。 「試験を終え-の段階に入る」 「 -性を疑う」 「 -化をはかる」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

実用の関連キーワード産業技術実用化開発補助事業エマージングテクノロジーユーティリタリアニズムKAWADE夢文庫応用芸術・応用藝術技術移転プランナー二見レインボー文庫知的生きかた文庫実用新案技術評価家具コレクションプラグマティックアプリケーションプラグマティストラゲッドウエアファミリーカー新潮OH!文庫国際温度目盛ワークウエアスポーツカーランチコート

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

実用の関連情報