実用(読み)じつよう

精選版 日本国語大辞典「実用」の解説

じつ‐よう【実用】

〘名〙 実際に使用すること。実際に必要なこと。実際の役に立つこと。また、外形や体裁などに対して実質面のこと。
※箚録(1706)「皆書生の常談と云て、何の実用の穿鑿考を得たることなし」
※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉九「その書中に、実用の教訓となる事充満せり」

じち‐よう【実用・実要エウ・実様ヤウ

〘名〙 (形動) まめやかなこと。まじめなこと。また、そのさま。実直。りちぎ。
※伊勢物語(10C前)一〇三「いとまめにじちようにて、あだなる心なかりけり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「実用」の解説

じつ‐よう【実用】

実際に用いること。日常生活などの場で実際にに立つこと。「実用に供する」「実用品」

じち‐よう【実用】

[名・形動ナリ]まじめなこと。また、そのさま。実直。律儀。
「いとまめに―にて、あだなる心なかりけり」〈伊勢・一〇三〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android