コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宇宙物体登録条約 うちゅうぶったいとうろくじょうやく

1件 の用語解説(宇宙物体登録条約の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

宇宙物体登録条約
うちゅうぶったいとうろくじょうやく

正式には「宇宙空間に打ち上げられた物体の登録に関する条約」 Convention on Registration of Objects Launched into Outer Spaceという。国連宇宙空間平和利用委員会で作成され,1976年に発効した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の宇宙物体登録条約の言及

【人工衛星】より

…このため,アメリカやロシアなどの諸国は,偵察衛星などの軍事衛星を宇宙空間に打ち上げており,さらに,他国の軍事衛星に対する攻撃を目的とした衛星攻撃システムについても研究・開発が進められている。 人工衛星は,宇宙条約によれば,打ち上げられている間,当該衛星を登録した打上げ国の管轄権に属する(旗国主義)が,さらにこの打上げ国の管轄権,管理権を国際的に公認するために,人工衛星などの登録制度を整備した宇宙物体登録条約が1975年に採択されている。 今日,国連の宇宙空間平和利用委員会において,直接放送衛星と遠隔探査衛星の利用問題が継続的に審議されている。…

※「宇宙物体登録条約」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

宇宙物体登録条約の関連キーワードサリュートTIROS宇宙空間SYNCOMTACOMSATたんせいでんぱ子衛星Eロケットアポロ・ソユーズ共同飛行

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone