事務総長(読み)じむそうちょう

精選版 日本国語大辞典「事務総長」の解説

じむ‐そうちょう ‥ソウチャウ【事務総長】

〘名〙
① 衆参両議院において、議長監督を受けて事務を総括する人。国会議員以外のを各議院の選挙によって決定する。
国家公務員法(1947)四条「人事院は、事務総長及び予算の範囲内においてその職務を適切に行うため必要とする職員を任命する」
国際連合事務局を指揮し、その事務を総括する人。安全保障理事会勧告に基づいて、総会が任命する。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「事務総長」の解説

じむ‐そうちょう〔‐ソウチヤウ〕【事務総長】

国際連合や、日本の衆議院参議院などで、事務を統括する最高職。→国連事務総長

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android