コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宇治人形 ウジニンギョウ

デジタル大辞泉の解説

うじ‐にんぎょう〔うぢニンギヤウ〕【宇治人形】

京都府宇治市で作られる木彫り人形。茶の木を材料に茶摘み女の姿などに作る。刀法・彩色などは奈良人形に似る。茶の木人形

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

うじにんぎょう【宇治人形】

宇治の名物人形。茶の木を材料にして主として茶摘み女などを作る。刀法・彩色とも奈良人形に似ている。茶の木人形。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の宇治人形の言及

【茶の木人形】より

…チャの木を素材に一刀彫(いつとうぼり)の技法を用いてつくり,彩色を施した人形。茶の産地で知られる京都府宇治市でつくられたので,宇治人形ともいい,また茶摘み女を人形化しているので茶摘み人形ともいう。江戸時代寛永年間(1624‐44)に茶人金森宗和が宇治に隠居して彫ったのに始まるといわれる。…

※「宇治人形」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

宇治人形の関連キーワード上林楽只軒(初代)京都府宇治市