コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

茶の木人形 チャノキニンギョウ

世界大百科事典 第2版の解説

ちゃのきにんぎょう【茶の木人形】

チャの木を素材に一刀彫(いつとうぼり)の技法を用いてつくり,彩色を施した人形。茶の産地で知られる京都府宇治市でつくられたので,宇治人形ともいい,また茶摘み女を人形化しているので茶摘み人形ともいう。江戸時代寛永年間(1624‐44)に茶人金森宗和が宇治に隠居して彫ったのに始まるといわれる。3cm前後の小型物が多く,タバコ入れの根付(ねつけ)などに用いられた。幕末に幕府の御用茶師上林(かんばやし)牛加がつくって献上したというものが,現在も残っている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

茶の木人形
ちゃのきにんぎょう

京都府宇治(うじ)市産の人形。茶の古木を材にした木彫り人形で、宇治人形ともよばれる。すでに廃絶した張り子製の茶摘み人形とともに、宇治の伝統玩具(がんぐ)として並び称された。江戸初期の茶人金森宗和(そうわ)が、宇治茶で知られるこの地に隠棲(いんせい)し、つれづれに茶の木で人形を彫ったのが始まりという俗説もあるが、1843年(天保14)京都町奉行(まちぶぎょう)の命で、幕府の御用茶師上林牛加(かんばやしぎゅうか)が試作したのがおこりという。[斎藤良輔]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

茶の木人形の関連情報