コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宇野円三郎 うの えんざぶろう

1件 の用語解説(宇野円三郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宇野円三郎 うの-えんざぶろう

1834-1911 明治時代の治水家。
天保(てんぽう)5年5月21日生まれ。備前和気郡福田村(岡山県備前市)の庄屋。維新後,和気郡書記などとなる。県の治山治水事業の指導にあたり,明治15年県令に治水建言書を提出。翌年わが国初の砂防法である岡山県砂防工事施行規則が制定された。明治44年7月20日死去。78歳。号は栞山(かんざん)。著作に「治水植林本源論」。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

宇野円三郎の関連キーワード桂太郎内閣葛飾北斎野村軍記服飾雑誌アヘン戦争図鑑岩石区スバルターレボフ女性労働

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone