安全島(読み)アンゼントウ

大辞林 第三版の解説

あんぜんとう【安全島】

歩行者の待避用に車道中央に設置される一段高くした安全地帯。両端に防護壁などを設ける。あんぜんじま。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

あんぜん‐じま【安全島】

〘名〙 路面電車の乗降客や、車道の横断者の安全を確保するため、路面より一段高くした車道内の場所。安全地帝。あんぜんとう。〔訂正増補新らしい言葉の字引(1919)〕

あんぜん‐とう ‥タウ【安全島】

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

安全島の関連情報