路面電車(読み)ろめんでんしゃ(英語表記)street car

日本大百科全書(ニッポニカ)「路面電車」の解説

路面電車
ろめんでんしゃ
street car
tram

専用の用地ではなく一般道路上に線路を敷設する電車市街電車ともいい、日本では法規上軌道とよぶ。電車は1879年にドイツのE・W・ジーメンスが発明してベルリンの勧業博覧会で公開したが、時を置かず市街地鉄道馬車にかわって発達した。日本では1890年(明治23)に東京で開催された第3回内国勧業博覧会にアメリカ製スプレーグ式電車が紹介された。最初の路面電車は京都市下京区東洞院塩小路から伏見町油掛(あぶらかけ)間に運転が開始された。内国勧業博覧会から5年を経た1895年であった。その後、東京、京都、大阪、名古屋などの各都市で馬車鉄道による市内公共交通を路面電車に置き換えたばかりでなく、網の目のように整備されていった。最初は電灯会社など民営企業が開拓したが、整備されるにしたがって市当局が交通局として運営する場合が多くなった。

 19世紀末には世界各国の主要都市では乗合馬車にかわって路面電車網が発達して、市民の足の主役になった。当時の電車の大きさは乗合馬車の収容能力とほぼ同じ程度で、2軸単車で車体長は6メートル、定員が20人から30人程度であった。1903年(明治36)に開業した大阪市の路面電車には2階式の車両が最初から混じっていた。電車の発車合図には車掌が手で紐(ひも)を引っ張ってベルを鳴らし、また、運転手は足踏み式のゴングを鳴らして警報合図をしたので、チンチン電車の愛称がおこった。やがて路面電車の普及発達と利用者の増大に伴って電車は大型化の一途をたどり、2軸ボギー車が主流となった。

 ヨーロッパ諸国では2両または3両の連結列車や連節台車式長編成のものも普及するに至った。アメリカでは1930年代にPCCカーという高加速・高減速の近代的な路面電車を普及させて自動車交通への対抗策を講じた。しかし、その後自動車の急速な普及発達に伴って、路面電車は、フランスやイギリスでは1950年代には廃止され、アメリカでも一部の都市を除いて廃止された。日本でも1970年代に、自動車群の洪水による電車線の占領を余儀なくされ、電車運転速度の低下などサービスの低下と運賃値上げによる客離れの相乗効果によって廃止に追い込まれていった。しかし路面電車が廃止されても道路交通渋滞は解消されるどころか、いっそう混乱が加わった。その一方で、広島市や長崎市などのように、条例によって路面電車の路線敷に自動車の進入を許さない地域はいまだに電車の正常な運営が確保されている。

 ヨーロッパでは、1990年代に入ってから、増加する自動車交通への対応を迫られ、かつて路面電車を廃止した都市でも、近代的交通機関LRT(light rail transit)として復活させた。車両はLRV(light rail vehicle)あるいは軽快電車とよばれている。路面電車を維持していたドイツ、スイスや東欧諸国でも、車両の近代化とあわせ、インフラの改良を行ってLRTに衣替えしている。日本では2006年(平成18)4月にJR西日本の富山港線が、LRT化され、第三セクターに移管され、富山ライトレール富山港線として生まれ変わった。

 なお、古くからサンフランシスコ市内の名物になっていまなお存続しているケーブルカーも広い意味では路面電車に入る。

[西尾源太郎・佐藤芳彦]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア「路面電車」の解説

路面電車【ろめんでんしゃ】

道路面の軌道を走る電車。車体は乗降の便のためできるだけ低くし,車長14〜15m。ボギー車使用が普通であるが,戦前には車長8〜11mの2軸車も使用。ビューゲルまたはトロリーポールで集電,50〜60kWの電動機2台を備え,安全のため最高時速30〜40kmと低くしてある。1881年にベルリンに設けられたのが初めてで,日本でも1895年の京都を最初に各都市に普及した。第2次大戦後,自動車交通の増加によって多くの路線が廃止されたが,石油ショック以後,省エネルギーや環境保護の立場から路面電車見直し論が起こっている。残った路線には近代的な新型車両が登場し,路線延長計画も浮上している。なお海外では特にヨーロッパを中心に路面電車の近代化に成功しており,都市域における高速中量輸送機関として重要な地位を占めるに至っている。→市街鉄道
→関連項目軌道(鉄道)道路交通法都市高速鉄道

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「路面電車」の解説

路面電車
ろめんでんしゃ
streetcar; street tram

道路上の一部に軌道を敷設して走る電車。 19世紀末に馬車交通近代化の一方法として,アメリカ合衆国の F.スプレーグによって初めて実用化され,世界的に普及した。 1920年代以降は機動性にすぐれたバスの普及によってアメリカ合衆国では大きな打撃を受けて,衰退の一途をたどり,大部分の都市から路面電車は一掃された。しかし,ドイツを中心とするヨーロッパ大陸諸国では電車の高性能化とともに,軌道の専用路線化や積極的な地下トンネル化を行なって,都市交通の中心的な役割を果している都市が多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

事典 日本の地域遺産「路面電車」の解説

路面電車

(北海道函館市;北海道札幌市)
北海道遺産」指定の地域遺産。
北海道を走る2つの路面電車の函館市電、札幌市電は共に明治時代の馬車鉄道から始まった。函館市電は1913(大正2)年に、札幌市電は1918(大正7)年に電化された

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域遺産」事典 日本の地域遺産について 情報

デジタル大辞泉「路面電車」の解説

ろめん‐でんしゃ【路面電車】

一般道路上に敷設されたレール上を走行する電車。19世紀後期に市街地の鉄道馬車に代わって発達。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「路面電車」の解説

ろめん‐でんしゃ【路面電車】

〘名〙 街路の路面に敷設されたレールの上を走る電車。〔新版大東京案内(1929)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典 第2版「路面電車」の解説

ろめんでんしゃ【路面電車】

一般道路に線路を敷設し,自動車,自転車,歩行者などと路面を共用する仕組みをもって運転される電車で,市街電車,低速電車ともいう。乗降は路面または路面に特設した安全地帯と呼ばれる低いプラットホームを介して行い,客車にはその床面との乗降用にステップ(踏段)が備えられる。法令上では軌道と呼ばれ,専用敷地をもつ鉄道と区別される。 路面電車は,19世紀後半,産業革命進展に伴う人口の都市集中によってもたらされた市街地内道路の交通難に対処する方式として創案されたもので,1881年ベルリン郊外での試用に始まる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の路面電車の言及

【鉄道】より

… さらに鉄道は,都市における人口の増加とともに,都市および周辺部の交通機関として重要な役割をもつようになった。1830年代に始まった鉄道馬車による路面鉄道(軌道)は,1879年のE.W.vonジーメンスによる電気機関車牽引の列車試運転成功を契機に,81年ベルリン~リヒターフェルデ間の電車の実用化に進み,80年代には欧米各都市に路面電車が普及した。またロンドンでは1863年に地下鉄道が開業し,90年以降電化された。…

【都市交通】より

… 都市の成長につれ,都心部の昼間人口が増加する一方で夜間人口は減少し,外周部の人口が急増する。この過程に対応するため,日本の大都市交通では(1)都心・内周部における路面電車から地下鉄への転換,(2)外周部における鉄道輸送力の増強,(3)都心と外周部を結ぶ鉄道の相互乗入れ,の政策がとられた。とりわけ(1)は,都市成長への基本的な対応である。…

※「路面電車」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

榷場

中国,宋代に北・西方の外民族との貿易を管理するため国境におかれた官庁。 榷務,榷署とも呼ばれる。太平興国2 (977) 年,契丹との交易のため設けられたのに始り,景徳4 (1007) 年西夏との間にお...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android