コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安全地帯 アンゼンチタイ

デジタル大辞泉の解説

あんぜん‐ちたい【安全地帯】

危険のない地域。特に、交通量の多い車道で、道路標識などにより安全な場所として示されている路上の部分。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

安全地帯【あんぜんちたい】

道路交通法に基づき,路面電車の乗降者または横断している歩行者の安全をはかるため道路に設けられた島状の施設,または道路標識および道路標示により安全地帯であることが示されている道路の部分をいう。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

あんぜんちたい【安全地帯】

危険のない場所。特に、路面電車の停留所で、路上中央に設けられた島形の乗降場所をいう。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

安全地帯の関連キーワード一酸化炭素用自己救命器プルシアンブルーの肖像夏の終りのハーモニー無防備都市(国際法)スレブレニツァの虐殺セーフティーゾーン悲しみにさよならワインレッドの心サンクチュアリスレブレニツァ鈴鹿サーキットナントの勅令クルド人問題道路交通法自動車保険鬼ごっこおとり猟清木啓介タラバニオレンジ

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

安全地帯の関連情報