安全地帯(読み)アンゼンチタイ

百科事典マイペディアの解説

安全地帯【あんぜんちたい】

道路交通法に基づき,路面電車の乗降者または横断している歩行者の安全をはかるため道路に設けられた島状の施設,または道路標識および道路標示により安全地帯であることが示されている道路の部分をいう。指示標識としては,青地に白の上に開いたV字形で示す場所。また,指示標示としては,路面電車の軌道敷脇の安全地帯は外側を色ペイント,内側を白ペイントの二重線で示した場所。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

あんぜんちたい【安全地帯】

危険のない場所。特に、路面電車の停留所で、路上中央に設けられた島形の乗降場所をいう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

あんぜん‐ちたい【安全地帯】

〘名〙
安全島(あんぜんじま)および道路標識や道路標示により歩行者にとって安全な場所として示されている道路の部分。〔新らしい言葉の字引(1918)〕
② 危険のない、あるいは少ない場所。
※明治大正見聞史(1926)〈生方敏郎〉大震災後記「平素は警察署前なので、この上もない安全地帯だと思ってゐた所が」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

安全地帯の関連情報