安全地帯(読み)アンゼンチタイ

百科事典マイペディアの解説

安全地帯【あんぜんちたい】

道路交通法に基づき,路面電車の乗降者または横断している歩行者の安全をはかるため道路に設けられた島状の施設,または道路標識および道路標示により安全地帯であることが示されている道路の部分をいう。指示標識としては,青地に白の上に開いたV字形で示す場所。また,指示標示としては,路面電車の軌道敷脇の安全地帯は外側を色ペイント,内側を白ペイントの二重線で示した場所。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

あんぜんちたい【安全地帯】

危険のない場所。特に、路面電車の停留所で、路上中央に設けられた島形の乗降場所をいう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

安全地帯の関連情報