安全地帯(読み)アンゼンチタイ

百科事典マイペディアの解説

道路交通法に基づき,路面電車の乗降者または横断している歩行者の安全をはかるため道路に設けられた島状の施設,または道路標識および道路標示により安全地帯であることが示されている道路の部分をいう。指示標識としては,青地の上に開いたV字形で示す場所。また,指示標示としては,路面電車の軌道敷脇の安全地帯は外側色ペイント,内側を白ペイントの二重線で示した場所。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 安全島(あんぜんじま)および道路標識や道路標示により歩行者にとって安全な場所として示されている道路の部分。〔新らしい言葉の字引(1918)〕
② 危険のない、あるいは少ない場所。
※明治大正見聞史(1926)〈生方敏郎〉大震災後記「平素は警察署前なので、この上もない安全地帯だと思ってゐた所が」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android