コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安全電流 あんぜんでんりゅうsafety current

2件 の用語解説(安全電流の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

安全電流
あんぜんでんりゅう
safety current

電線などに流しうる最大の電流。許容電流ともいう。電流が流れるとジュール熱が発生して,電線や電気装置の温度が上がり,これがある程度以上になると,絶縁破壊,燃焼などの実害が生じるので,実用上流しうる電流には限度がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の安全電流の言及

【送電】より

… 送電線で送ることのできる電力,すなわち送電容量は種々な要因が関係するが,電圧と密接な関係がある。線路が短い場合には,導体の温度上昇によって決まる送電電流(安全電流)まで電流を流すことができる。三相交流の送電電力は送電電圧をV,各導体に流れる電流をIとするとVIで与えられるので,送電容量は電圧に比例する。…

※「安全電流」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone