実害(読み)じつがい

精選版 日本国語大辞典「実害」の解説

じつ‐がい【実害】

〘名〙 実際の損害。実質的に受けた損。事実上こうむった害悪や損失。
※条約改正論(1889)〈島田三郎〉「世或は治外法権は実害なし故に之を保続するも妨げなしといふ者あり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「実害」の解説

じつ‐がい【実害】

実際上の被害。実質的な損害。「実害をこうむる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android