コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安化 あんか

大辞林 第三版の解説

あんか【安化】

( 名 ) スル
平和に治めること。 「国土を-す/新聞雑誌 40

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

安化
あんか / アンホワ

中国、湖南(こなん)省中部、益陽(えきよう)市管轄下の県。資水(しすい)中流部北岸に位置し、南西端付近を滬昆(ここん)線(上海(シャンハイ)―昆明(こんめい))が貫通する。人口103万1600(2014)。県政府所在地は東坪(とうへい)鎮。宋(そう)代に県が設けられた。県下では水稲、サツマイモ、トウモロコシ、小麦、ラッカセイ、椿油(つばきあぶら)、桐油(きりゆ)、シュロ、漆、竹材、木材などを産し、ことに安化産の茶は黒茶の名で知られ、全国に販路をもつ。レアメタルのタングステン、アンチモンなど鉱物資源が豊富。また、国家級自然保護区や国家森林公園などの自然観光資源にも恵まれており、改革開放以降、茶、鉱物資源、観光の三つが県の経済を支えている。
 東坪鎮のやや上流の柘渓(しゃけい)ダムは大型水力発電所の一つで、1963年に完成した。2005年から拡張プロジェクトが進められ、2011年時点の設備容量は100万キロワットである。[河野通博・編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

安化の関連キーワードチョーシー(柘渓)ダムイーヤン(益陽)地区経済運営5ヵ年計画明の時代(年表)ツー(資)水超低金利政策湖南(省)寧夏の乱楊一清韓世忠陶じゅ正徳帝米万鍾宦官資水劉瑾国土慶陽

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

安化の関連情報