コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

へい ヘイ

デジタル大辞泉の解説

へい

[感]へりくだった気持ちで応答したり、肯定・承諾したりするときに、また、相手の注意を促すときに発する声。商人などが主に使う。はい。へえ。「へい、さようでございます」「へい、お待ち」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

へい

( 感 )
はい 」に同じ。もと、商人などがへりくだって用いた。へ。 「 -、ただいま」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

へいの関連キーワード精神物理的並行論堀越角次郎出淵平兵衛ガウス平面大河原亀文浅野屋五平浅草庵伊平土佐長平島村洲平馬越恭平朝長熊平中根君美平城天皇秤量貨幣川上治平内田遠湖名目資本川崎大師炳として経閉期

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

へいの関連情報