コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

へい ヘイ

デジタル大辞泉の解説

へい

[感]へりくだった気持ちで応答したり、肯定・承諾したりするときに、また、相手の注意を促すときに発する声。商人などが主に使う。はい。へえ。「へい、さようでございます」「へい、お待ち」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

へい

( 感 )
はい」に同じ。もと、商人などがへりくだって用いた。へ。 「 -、ただいま」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

へいの関連キーワード萍郷(ひょうきょう)出淵平兵衛左平太新田大河原亀文浅野屋五平浅草庵伊平炳として土佐長平島村洲平川崎大師平和が丘川上治平秤量貨幣内田遠湖平城天皇中根君美馬越恭平朝長熊平一進会平地門

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

へいの関連情報