へい(読み)ヘイ

デジタル大辞泉の解説

へい

[感]へりくだった気持ちで応答したり、肯定・承諾したりするときに、また、相手の注意を促すときに発する声。商人などが主に使う。はい。へえ。「へい、さようでございます」「へい、お待ち」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

へい

( 感 )
はい」に同じ。もと、商人などがへりくだって用いた。へ。 「 -、ただいま」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

へい

〘感動〙 肯定、承諾の気持を表わすときに発することば。また、人の要求に応じたり、人にものをすすめたりするときにも用いる。「はい」と同じ意で商人などがへりくだって使う。へえ。
※滑稽本・東海道中膝栗毛(1802‐09)四「『いくらだの』『ヘイ十四匁八分でおます』」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

へいの関連情報