コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安威氏 あいうじ

世界大百科事典 第2版の解説

あいうじ【安威氏】

南北朝・室町期の武家。摂津島下郡安威(現,茨木市安威付近)出身の武士と推定される。1341年(興国2∥暦応4)6月の室町幕府奉行人奉書奉者に安威性遵なる人名が見え,43年(興国4∥康永2)4月の言上状にも安威新左衛門入道性意なる人物が見え,当時幕府の奉行人であったことが知られる。しかし翌年の幕府引付五番方交名(きようみよう)にはその名が消えており,以後も奉行人には安威氏の所見がないから,44年の編成替えで罷免されたと推定される。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android