コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安威氏 あいうじ

1件 の用語解説(安威氏の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

あいうじ【安威氏】

南北朝・室町期の武家。摂津島下郡安威(現,茨木市安威付近)出身の武士と推定される。1341年(興国2∥暦応4)6月の室町幕府奉行人奉書奉者に安威性遵なる人名が見え,43年(興国4∥康永2)4月の言上状にも安威新左衛門入道性意なる人物が見え,当時幕府の奉行人であったことが知られる。しかし翌年の幕府引付五番方交名(きようみよう)にはその名が消えており,以後も奉行人には安威氏の所見がないから,44年の編成替えで罷免されたと推定される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

安威氏の関連キーワード安威頼母津島半済玉津島堂島下駄武家方八十島下り阿蘇惟政奥野勘蔵三澄

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone