所見(読み)しょけん

精選版 日本国語大辞典「所見」の解説

しょ‐けん【所見】

〘名〙
① 見るところ。見出されるもの。証拠。
※中右記‐天永三年(1112)八月一九日「近代下人之説三箇日間不造営者、予問陰陽寮之処申云、件事文書之中更無所見、仍延久年中大極殿棟上之後三箇日中早以造営也」
※文明論之概略(1875)〈福沢諭吉〉二「其所見所聞に随ひ常に齟齬を生じて事の真面目を断ずるに足らず」 〔晉書‐嵆康伝〕
② 見たところを述べる者。現場を見た証人。
※浄瑠璃・頼朝浜出(1686)五「夜討は曾我の兄弟也、明日のしょけんは大藤内とよばはれば、兄弟の人々、しょけんといふが憎ければ、走りかかって裾を薙ぐ」
③ 考え。意見。所懐。
※授業編(1783)九「人々の所見(ショケン)も異なれば」
※月は東に(1970‐71)〈安岡章太郎〉一「医学的に思わしからざる兆候すくなからずとの医師の所見あり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「所見」の解説

しょ‐けん【所見】

見た事柄。見た結果の判断や意見。「医師の所見によれば」
ある事についての意見、考え。「所見を述べる」
[類語]意見見解主張所説所論持説持論私見私意私考所思考え見方オピニオン(尊敬)貴意高見(謙譲)愚見卑見私見管見

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「所見」の解説

【所見】しよけん

見るところ。考え。〔荘子列禦寇(そ)れ(人智)のたざること久し。而るに愚は其の見るを恃(たの)み、人(為)に入る。其の、外なり(物の世界に止まる)。亦た悲しからずや。

字通「所」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

粉骨砕身

骨を粉にし、身を砕くこと。力の限り努力すること。一所懸命働くこと。[活用] ―する。[使用例] こうなったら、粉骨砕身、身をなげうって社長の政界入りをお手助けせにゃあ[三島由紀夫*近代能楽集|1950...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android