コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安富智安 やすとみ ちあん

2件 の用語解説(安富智安の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

安富智安 やすとみ-ちあん

?-? 室町時代の武士。
備中(びっちゅう)(岡山県)守護細川氏の家臣。讃岐(さぬき)(香川県)半国守護代。永享元年(1429)ごろ備中新見(にいみの)荘の国衙(こくが)領の代官となり,同荘の領家(東寺)方の代官もかねる。年貢横領や荘民酷使のため,寛正(かんしょう)2年の大飢饉(ききん)を機におきた代官排斥運動によって解任された。筑後守(ちくごのかみ),筑後入道と称した。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

安富智安

生年:生没年不詳
室町時代の武将,細川氏被官。讃岐半国守護代。文安1(1444)年ごろ筑後守となり,安富筑後守,安富筑後入道と称する。備中国(岡山県)の守護細川氏の有力家臣として永享1(1429)年同国新見荘(新見市)の国衙代官となり東寺領の請所代官を兼ねたが,嘉吉1(1441)年以降は領家東寺に対し年貢の滞納を続けた。同地では土豪,農民の抵抗が一定の勢力を持っていたらしく,寛正2(1461)年に大飢饉が発生すると,同年6月から7月にかけて代官排斥運動が展開され,東寺の直務支配となった。しかし,これに先立ち又代官大橋氏らが追放され,智安も代官を解任された。のち,直務代官も名主らに謀殺されている。

(森田恭二)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

安富智安の関連キーワード細川満元半国守護香西元資富樫成春細川満之細川師氏細川義春細川義之三好之長山名是豊

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone