安曇外命婦(読み)あずみの げみょうぶ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

安曇外命婦 あずみの-げみょうぶ

?-? 奈良時代の女官。
阿倍虫麻呂(むしまろ)の母。天平(てんぴょう)-宝亀(ほうき)(729-780)のころの人。大伴坂上郎女(おおともの-さかのうえのいらつめ)の母である石川郎女姉妹とされる。「万葉集」の詞書きのなかに名前がみえる。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android