安曇外命婦(読み)あずみの げみょうぶ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

安曇外命婦 あずみの-げみょうぶ

?-? 奈良時代の女官。
阿倍虫麻呂(むしまろ)の母。天平(てんぴょう)-宝亀(ほうき)(729-780)のころの人。大伴坂上郎女(おおともの-さかのうえのいらつめ)の母である石川郎女と姉妹とされる。「万葉集」の詞書きのなかに名前がみえる。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android